meseca blog
寄せ書き
2022.04.26

お世話になった先生へ感謝の寄せ書きアイデア!メッセージの書き方のコツと文例集

今までの努力や成長を褒め、新たな門出を祝う卒業式。
お世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるために「寄せ書き」を贈ってみませんか?

寄せ書きを贈ってみたいけれど

どんなことを書いたらいいのだろう?」
気をつけること、マナーを知りたい」
書きたいことが多くてうまくまとまらない」

などでお悩みの方もいるのではないでしょうか?

いざ書くとなるとうまくまとまらなかったり、マナーがわからなかったりと悩んでしまう方へこの記事では、書くポイントやコツ、例文を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

寄せ書きを書く時のポイント

くだけた言葉でも大丈夫!ただし、失礼のないよう注意!

先生と仲の良い人も多くいるでしょう。相談に乗ってもらったり、冗談を言い合えるような関係ならくだけた言葉でも大丈夫。ただし、相手が嫌な思いをするような言葉は書かないように注意しましょう。

数年後見返しても、良い思い出と思えるような言葉を贈るのがおすすめです。

短くてもメッセージを残すようにする

先生とは大した関係もないと思っている人でも、書かないのはよくありません。もらった寄せ書きにクラスやチームの仲間が欠けていたら悲しくなるでしょう。たとえ「ありがとうございました」の一言でも残しておくのがおすすめです。

寄せ書きを書くコツ

寄せ書きを書こうと思ってもなかなか書きたいことが思いつかない方もいるでしょう。また、多くてまとまらないという方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために寄せ書きを書くためのコツを紹介します。

感謝を伝える

今までお世話になった先生へ感謝を伝えてみましょう。数年の間でも先生たちは自分たちの成長を見守ってくれています。「ありがとうございました」「お世話になりました」と一言だけでも伝えることが大切です。

思い出を書く

お世話になった先生との思い出を書いてみましょう。
体育祭や文化祭などイベントだけでなく、日頃教わったことや怒られたことなど印象に残った思い出と感謝を書くことで読み返しても印象に残るメッセージになります。

今後の目標を伝える

今までの思い出など過去のことではなく、将来のことを伝えるのも良いでしょう。
先生から教わったことがどんなことに役立っているのかも伝えることで喜んでもらえるメッセージになります。

お世話になった先生へ寄せ書きの例文。

お世話になった先生へ

お世話になった先生と親しくしていた場合、お世話になったことへの感謝の気持ちとともに、先生との具体的な思い出を書くことで、より印象に残るメッセージになります。

  • 〇〇先生へ
    ○年間お世話になりました。自分が進路で悩んでいたとき、一緒になって考えてくれてとても嬉しかったです。おかげで、本当に学びたいことがわかり進路を決めることができました。ありがとうございます。
    これからも優しい先生でいてください。
  • 〇〇先生へ
    今までお世話になりました。先生の面白くてわかりやすい授業のおかげで学ぶことの楽しさを知ることができました。これからも先生の教えを大切にして学んでいきたいと思います。ありがとうございました。
  • 〇〇先生へ
    ○年間お世話になりました。先生がいるクラスは最後まで明るくユーモアのあるクラスで、○年間とても楽しく過ごすことができました。これからもクラスを明るくする先生でいてください。

あまり思い出がない場合

あまり思い出がない、書きたいことが思いつかないときは社交辞令のようなメッセージでも大丈夫です。先生を気遣う言葉などを添えると良いでしょう。

  • 〇〇先生へ
    先生のおかげで無事卒業ができました。これからも生徒思いな先生でいてください。
    ○年間お世話になりました。
  • 〇〇先生へ
    ○年間お世話になりました。先生の授業とても楽しかったです。これからも元気な先生でいてください。
  • 〇〇先生へ
    ○年間ありがとうございました。
    もっと先生とお話をしたかったです。また機会があったらお話しましょう。
    これからも優しく元気な先生でいてください。

【保育園・幼稚園】保護者から先生へ

学校の卒業だけでなく保育園や幼稚園でお世話になった先生へメッセージを贈りたいという保護者の方もいるでしょう。子供の成長を見守ってくれた園の先生への感謝を伝えることで喜んでもらえるメッセージになります。

  • 〇〇先生へ
    息子は少し病弱でよく熱をだしたり、風を引いたりとご迷惑をおかけしました。私が息子のことで悩んでいるとき話を聞いてくださりありがとうございました。先生のおかげでここまで成長できたことを嬉しく思います。○年間お世話になりました。
  • 〇〇先生へ
    ○年間お世話になりました。
    入園時は初めての集団行動で、娘は良く泣いていました。〇〇先生が優しく声をかけてくれたり、遊んでくれたりしていただいたおかげでその後は娘は毎日楽しそうでした。来年からは小学生です。娘もランドセルを持って楽しみにしています。○年間ありがとうございました。
  • 〇〇先生へ
    ○年間本当にお世話になりました。
    長い間、息子を見守っていただきありがとうございました。息子の成長を一緒に喜んでくださる先生に出会えたこととてもうれしく思います。さまざまなご迷惑をおかけしたかと思います。でも、先生のおかげで息子は多くのことを学び、心身共に成長できました。本当に今までありがとうございました。

寄せ書きの集め方3選

色紙に寄せ書きをする

寄せ書きと言えば色紙を思い浮かべる人も多いのでは無いでしょうか?
色紙の良いところは、手書きで気持ちも伝わりやすいところです。余白に絵を描いたりデザインできるので贈る相手に合わせた色紙を作ることができます。

しかし、一枚の色紙を回すため時間がかかることや焦って書き損じをしてしまう可能性があります。都合がつかずメッセージをかけなかったり、保管に気をつけないと汚れてしまうという欠点もあるため注意が必要です。

メッセージカードを集める

それぞれメッセージカードを用意して最後にまとめるという方法もあります。

各自のペースで書けることや好きなカードが使えるのでそれぞれの個性のある寄せ書きに仕上がるでしょう。同じカードを使えば統一感のある寄せ書きにもなります。集めたカードは台紙に貼ったり、リングでまとめたりして贈ることでオリジナルの寄せ書きが作れるのも良い点です。

オンライン寄せ書きを使う

色紙やメッセージカードとは違い、オンラインで完結するオンライン寄せ書き。

オンラインメッセージの良いところはなかなか集まることができない人でも、サイトを共有していれば寄せ書きの中にメッセージを残せるところです。また、大人数でもメッセージを書いてまとめることができます。メッセージに写真や動画を添付することもできるので、思い出の写真や動画メッセージを贈る事ができるのは魅力的です。

スマホやパソコンから簡単に寄せ書きを作ることが出来るので手間や時間がかからないのもおすすめのポイントです。

オンライン寄せ書きサービス「meseca(メセカ)」

meseca(メセカ)とは、オンラインで簡単に寄せ書きを送ることができる無料のオンライン寄せ書きサービスです。大切な人に思いを伝えるのはもちろんのこと、思い出の写真や動画も贈ることができます。1対1でメッセージを贈るだけでなく、家族や友人など大人数での寄せ書きをメッセージカードにすることもできます。

mesecaの使い方はとても簡単

  1. テンプレートからデザインを選択
  2. メッセージサイトに寄せ書きを集める
  3. 完成したメッセージサイトを、LINEやメールで大切な人に贈る

mesecaにはたくさんのテンプレートが用意されています。デザインをしなくても簡単におしゃれなメッセージカードが作れます。LINEやメールで内緒にメッセージを集めることができるので、サプライズプレゼントにもおすすめ。ぜひ、オンライン寄せ書きサービスmesecaを使って、大切な人にお祝いや感謝の気持ちを伝えてみてください。